対話形式のブログを始めます

SPトーク

ライフコーチのブログとして新展開!対話形式でトピックを取り上げます。決して難しい話じゃないんだけど、まとまった文章を読むばかりが学びじゃありません。何気ない会話からヒントが生まれることはよくありますから。

対話形式で書く理由

このブログの由来って覚えてる?

なんだっけ?

ライフコーチ始めてから2つのブログを運営していたんだけど、友達に長くて読みづらいって言われてね。もともとのブログをわかりやすく説明した導入部分だけのサイトをつくろうって思ったんだよね。

ふーん。だからカテゴリが別ブログのタイトルと同じなのね

そうそう。でも最近、このブログにも役割を持たせたいと思って。ライフコーチ・ファンのファンはファンサービスのファン(fan)じゃなくて「おもしろい(fun)」って意味だから。

こうやって話している感じだと読みやすいって好評だったので、この形式でいくよ。

私も参加していいのね。

ライフコーチって?スピリチュアルって?

ねぇ、ライフコーチって誰でもできるものなの?

別に特別な力があるわけじゃないんだ。誰でも自分なりの人生を生きているだろう?だからその経験から話すこともある。時間を費やして学んだことなら、誰かの役に立つこともあるわけさ。

ある程度の年齢があれば誰でもってこと?でも、話を聞いているだけじゃないんでしょ?

もちろん。一定のカリキュラムを用意している。僕の場合だと「じぶんリターンコーチング」と名付けたやつがそうだね。今の自分がどんな問題を抱えているにせよ、過去の積み重ねが大きく影響している。それを思い出すプロセスがあって、今が理解できるんだ。過去と今がわかると未来も理解できる・・そんなカリキュラムなんだね。

人生には一定の計画があって、その中で生きてきたんだって腑に落ちると、なんともいえない不思議な気持ちになるよ。人生に意味があるなら、困難だけで終わってしまうわけがないもんね。

でも3カ月かかるのよね。

そう。毎週1回1時間ずつで12回がセットだからね。セッションと呼んでいる対話はきっかけでしかないんだ。セッションとセッションの間の普段の生活で起きたこと、感じたことをモニターしてもらうんだ。時間をかけてデータをその当事者に集めてもらわなくてはね。

ずっとノートとかに記録するわけじゃなんでしょ?

自分にとって「印象的なこと」に絞って話すことが多いよね。心の仕組みの話をすることが多いのだけれど、明確に意識できなくても潜在意識でキャッチしていて「どうも引っかかる」という印象を生みだすことがあるんだね。大事なコトほどスルーできないのさ。

私はスピリチュアルな話は全然理解できないんだけど。

スピリチュアルって何か不思議な力を指しているかのような使われ方もするけどね。「スピリットの」って意味からすれば、スピリットつまり精神とか魂とかを表現しているに過ぎないんだ。

怖い話は苦手なんだけど

神社に参拝したり、誰かが亡くなればお寺にいくだろう?そんなときどんな存在に頭を垂れて、手を合わせるんだろう。そういう普段の僕らを超えた存在があるってことさ。そしてそういうものと自分自身は無関係じゃないという考え方、とらえ方から始まるんだ。

なぁんだ。よかった!不思議な力なんて自分には感じたことないから、理解できないのかって思ってた。

不思議な感覚や経験を持つ人は確かにいるよ。でもそういう感覚がなければダメということではないんだ。「背が高い」とか、「運動神経がいい」とか、そういう特徴の一つでしかないと思っているよ。むしろ、他の人にわからないデータを受け取るってのは迷惑なことかもしれない。余計なノイズが大きければかえって邪魔しちゃうよね。話しても理解してもらえないなら、なおさらツライ思いをしているずだよ。

そうそう、私の友達もいじめられてたって言ってたよ!

そういう人は理解してもらえないツラさを誰よりも知っている。感性の鋭さもあるけれど誰よりも親身になってくれる人かもしれないね。