名前について思い出したこと

SPトーク

自分の名前のエピソードを覚えていますか?

親から授けられた名前。たとえ自分の名前が好きじゃなかったとしても、そのルーツを探ると意外な発見があるかもしれない。今の自分よりもはるかに若かった当時の両親を想像してみると、大切に思ってくれたのだろうな・・とあたたかい気持ちになります。


中学生のときだったと思うけど、学年が変わってクラス替え直後に自己紹介ってするじゃない?そのときに「ウソつき!」ってヤジが飛んだんだ

なんてあいさつしたの?

名前のヤスアキを紹介するのに、「健康の康」に「明るい」と書きますって言ったんだけど・・。よほど性格が暗いと思われていたのかな


寡黙な父が一度だけ話してくれた名前の秘密

小学生のころはそうでもなかったが、中学・高校になると一人でいる時間が長かった。別にクラスで誰とも口をきかないということはないし、イジメの対象だったわけでもない。でも休み時間には友人と話して過ごすよりも本を読んでるタイプだった。

この名前に関しては亡くなった父が話してくれたことが1回だけある。子どものときの記憶の父親像はあまり家族とすら話さない寡黙な性格。

結婚してしばらくたってからのことだった。定年退職して父は以前よりも明るくなっていた。警察官という過酷な仕事から解放されたことも原因の一つかもしれない。

「康」はこういう意味、「明」はこういう意味・・と。かなり深い思い入れがあったことをその言葉から感じることができた。健康で明るく・・と簡単なことではなかったけど、残念ながら細かいことはあまり覚えていない。結構壮大な話をしてくれたイメージがある。例えば「明」という字については「太陽」「月」にまで話が及んだのだった。


辞書で引いたら「康」は稲を脱穀するところからきているらしい。だから「豊か」とかそういう意味にもとられるようだ。豊かなので安心するから「やすらか」という意味もある。それが太陽・月に象徴されるようにあまねく広く・・。

いろいろ考えてくれたってことよね。初めての子どもだったからかな?


こだわりは父譲り?音にこだわる命名へ

正直驚いた。もっと安易に決めたのだろうと考えていた。実は私が子どもの名前を考えた時もかなりこだわっていて、父譲りだったかもしれないと思った。

息子が生まれた直後、命名辞典は購入したものの考え抜いて出した結論。それは、呼ばれる音を最優先にし、その上で字画とか字の意味とかを考えるというもの。妥協したくなかったから長男で4日ほどかかった。仕事の合間にということもあったが、睡眠時間2~3時間で頑張った記憶がある。

音を重要視したのは、生涯触れる回数が多いから。書くよりも、呼ばれて耳にする方がはるかに多い。もし音に意味があるなら、いい音にしたいと考えた。言霊という言葉もある。仮にわずかでも影響があるなら、生涯を通じてなら大きな作用をするかもしれないと。